• 2019年WUSV世界訓練選手権(inイタリアモデナ)第33位

    2019年WUSV世界訓練選手権(inイタリアモデナ)第33位

  • オンラインでトレーニングを学ぼう

    オンラインでトレーニングを学ぼう

ごあいさつ

犬と人とが楽しめる緑の空間を目指して!!

2021年9月になりそう(笑)・・・800坪級の会員制ドッグランオープン予定!!

(アジリティ施設も作ります)

 

 

 

 春日ドッグスクール.jpg のコピー (2).jpg

春日ドッグスクールのおはなし

 

はじめまして、春日ドッグスクールです。

 

 

私は、物心ついた時から、とにかく動物が大好きで、特に犬に対する興味が非常にありました。

ある日、小学校の帰り道で2匹のシェパードと飼い主のおいちゃんに出会いました。2匹はとても良く訓練されており、マリーネとボーダと言いました。それ以来、私は学校帰りに必ず立ち寄り、次第においちゃんと仲良くなって、学校のお休みには朝からボーダとマリーネを連れて、近くの公園にお散歩に行き、2匹をおいちゃんの真似をして、訓練してました。

 


それが私の犬の訓練士への始まり。


そんな運命の出会いがきっかけとなり、私は、小学校卒業時には、将来の夢は『犬の訓練士』と卒業文集に描くくらいに、既に訓練士の道しかありませんでした

 

あれから、数十年・・・・。


犬の訓練に12歳から関わってきた私が、今では、犬達の将来だけではなく、当社を支えてくれるスタッフ達の未来も担う立場へと成長させて頂きました。


私もあれから訓練所を支える大黒柱となり、社会経験をたくさん積ませて頂く中で、訓練士としてただ犬達を訓練することしか考えていなかったあの頃とは、少し違う気持ちが芽生えるようになり、今日まで培ってきたノウハウ、そしてこれからも学び向上していく新たな事を、当社に関わるお客様と共有したいと強く思うようになってきました。

 

そんな気持ちのきっかけは、2019年に犬の訓練の世界大会(IGP)に、日本代表として、共に出場したラムセス号(呼び名 ロディ君)のお陰だと思っています。

 

ロディ君と共に、世界に通用する訓練を真剣に考え、悩み・・・。

 

そうして、行きついた答えは、『ドッグファースト』であること。

 

常に、犬に語り掛け、犬の言葉に耳を傾け、犬に尊厳を持って接する事。

 

犬には犬という人格があり、人と犬との関係性は昔から言われている『上下関係』ではなく、正しくは『信頼関係』が必要な動物であること。

 

それは、今までの犬の訓練業界の常識とはかけ離れた答えでした。


 

世の中に今までの常識を覆すような異論が生まれた時に、常識9対異論1のような現象が必ず起きます。


では、1は本当に異論で、間違いなんでしょうか?


 

私は、その1が常識の世界では解決できないとされていた問題を解決する可能性を秘めていると言う事を、ロディ君が冒されたある病気を通じて、身を持って知る事ができました

世の中の9割の常識が成果を生み出せてないものでも、この1割の異論が成果を生んでいるという事を。

 


私も、犬の訓練に没頭するにつれ、その9割とも言える常識論に疑問を感じるようになり、20年以上掛けて訓練とは、しつけとは、犬とは何なのかを真剣に追求し続けてきました。

ロディ君と共に、その1割の信念で犬の訓練の世界最高峰とも言えるIGP国際競技にチャレンジし、確かな成果を世界に残すことが出来ました。

 103126878_309504756879757_3648135174845297947_n.jpgロディ君と一緒にイタリアで

 

 私の好きな言葉に、

 

過程が結果を生む』そして、『態度が成果を生む』という素敵な言葉があります。この言葉は、いろいろな業界において成功を収めている方々が、同じことを必ずおっしゃいます。

 

私は、その経験と信念を理念として、『正しい過程と正しい態度』の1割の異論で、犬達の為に、この業界に変革を起こしたいと真剣に思っています。

 

 

そんな、最高の気付きを与えてくれたロディ君・・・。

実は、世界大会同時期に、難病と言われるIBDを発症してしまいました。

 

競技に出場し続ける為だけに、症状を消す(ステロイド治療)緩和対処療法をするのではなく、根本原因を見付けて完治させたい。

 

こんな私に素晴らしい最高の気付きを与えてくれたロディ君を死なせたくない!

 

そんな思いで、どこの獣医もお手上げ状態、余命宣告を受けた動物達を、獣医界の常識とは異なる1割の異論で数々の犬達を救ったという、知る人ぞ知る名医『須崎先生』に最後の望みを託して治療に励んできました。そして、2020年11月にはほぼ治療から1年の歳月を掛けて、IBDという難病を薬を一切使うことなく改善するという経験を、私自身がその1割の異論を信じることで出来ました。

 

今まで犬達と長く触れ合ってきましたが、ロディ君を通じて得たこの良い事も悪い事も、私の犬生にとっては今後のあり方を考える大きな転機になりました。

 

そして、最近、強く思うようになったことがあります。

 

ロディ君で学んだ訓練や健康の1割の異論を信じて、これから恩返しとして、私と関わる全ての犬達に実践しよう!!

 

当社に関わる全てのワンちゃんの健康を育み、楽しく遊んで、飼い主さんに愛される犬達に育て上げることこそが、これからの私の仕事だ!!と思っています。

 

ただ、しつけをする為の場所ではない。

たくさん仲間の犬達と走って、正しい食事をして、ぐっすり眠る。

 

そして、飼い主さんも、楽しく、笑いながらハッピーな訓練を学べる。みんなで集まって、ワイワイ、犬達と飼い主さんとが1日を楽しく過ごせるような空間と環境づくりを目指して、

 

当社と関わった、全てのワンちゃんが健康で長生きする事を願って、今後は、トータルアドバイザーとして、お客様のサポートをさせて頂きたいと思います。

 

犬達は、私達人間に、最高の笑いと幸せな日々を与えてくれます。

それを私達は知っているので、お客様にも共有して欲しい。私共は、お客様の愛犬の心の声を常に翻訳して、飼い主さんにお伝えし続けたいと思います。

 

 

 

 

追記

 

2020年12月8日

 

私が、これからの人生全てを犬の為に、訓練の為に、そしてIGP愛好者として生きていく事を誓った日。

 

私に、全てを注いでくれた愛犬というより、相棒のラムセス号(ロディ君)が天国へと旅立ちました。IBDを克服し、これからという前しか見てない時期に突如起こった別れでした。

 

世界大会出場を心から喜んで頂き、ロディ君の応援、支援して頂きました方々には感謝の気持ちでいっぱいでございます。このような素晴らしい経験をさせて頂きました事は、私の誇りであり、宝であります。

 

これからは、そのロディ君から学んだ全ての事を、当社に関わるお客様とその愛犬達に還元していけるように、今後一層、精進してまいりますので、どうぞこれからもご支援の程、宜しくお願いします。

 

 

そして、

 

 

ロディさん、本当に短い間だったけど、ありがとう!!

 103126878_309504756879757_3648135174845297947_n.jpg

 

 yamamoto.png 

公益社団法人  日本警察犬協会(PD)

        公認三等訓練士

公益社団法人  日本シェパード犬登録協会(JSV)

        公認1級訓練士

社団法人    ジャパンケンネルクラブ(JKC)

        公認訓練練士

         兼代表取締役 山本 千絵

    ( 令和2,3年度 福岡県警嘱託警察犬指導手)                       

   

 

 

 

 

 kokochiga-01.png dog-top2-1.png

 

 38709942_148074086056881_1891287706332299264_n.jpg


当社のトレーニングシステムは、

目からウロコのドッグトレーニング1本勝負!!


目からウロコのトレーニングとは??

↓↓↓

バナー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 002.jpg001.jpg

 

 

 

 当社は、また、シェパードに特化した訓練所でもございます。

シェパードの事なら

仔犬販売・訓練・ご相談、お気軽にお問い合わせください。

詳しくは下記リンクサイトへどうぞ

👇

test009.jpg

 

 

 

 

 

 当社では、ペット保険のお取扱いもしております。